歴史

2014年8月 6日 (水)

ホンモノの平和主義と、ウソの平和主義

66_3 フランスに旅行した若い女性が、よく買って帰るお土産に「モンサンミシェルのガレット」があります。モンサンミッシェルとは、フランスの西海岸に浮かぶ小島で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されているカトリックの修道院であり巡礼地でもあります。

そのモンサンミッシェルの海では、その潮の激しい満ち引きを利用してカキの養殖が行われてきました。そのカキの養殖について、先日、BS放送では、日本とフランスの心温まるエピソードを紹介していました。

いまから50年ほど前のこと、濃厚で美味しいモンサンミッシェルの海のカキが、細菌によって全滅してしまいました。そこで、猟師さんたちはポルトガルからカキの種を輸入したのですが、またまた菌で全滅してしまったのです。
途方に暮れた猟師さんたちは世界中、細菌に強いカキの種を探し回わりました。するとカナダのカキが菌に強いことがわかり、そのルーツをたどると、菌に強いそのカキは日本の宮城県産のものだということがわかったのです。

モンサンミッシェルの海の猟師さんたちは、宮城県の桂島の猟師さんたちに交渉し、その菌に強いカキの種を譲り受けられないかを打診しました。すると桂島の漁民たちは、親切にも、快く応じてくれたのです。そのカキは再びモンサンミッシェルの海を、カキの名産地に蘇らせたのでした。それから50年、今ではフランス中から、このカキを食べに来る観光客でいっぱいです。

2012年、東日本大震災で東北のカキは全滅しました。美しい桂島のカキも全滅しました。その大震災を知ったモンサンミッシェルの海の猟師さんたちは、立ち上がったのです。桂島の猟師さんたちに、たくさんのカキの種を網ごとプレゼントしてくれたのです。50年前の絆、それが再び遙か遠い国、フランスと日本の人々の心を結びつけたのでした。そのおかげで、いま桂島ではカキの養殖が実を結び、再び見事なカキを出荷できるようになりました。

いま日本は、「積極的平和主義」の名のもと、戦争への一歩を踏み出しました。
太平洋戦争の末期、日本は劣勢を国民には知らせず、軍によるたび重なる「退却」を、マスコミにも「転進」と言わせ事実を隠しました。「きれいな言葉」で国民を欺く―――それが不都合をごまかす「時の悪しき政府」の姑息な常套手段です。

「国民の命と財産を守るために(?)同盟国と一緒に戦争をする、それが積極的な平和主義」「戦争のできない国から戦争のできる国へ、それが積極的平和主義」「同盟国に武器を輸出して、何の罪もない子供や女性の殺戮に加担する、それが積極的平和主義」――あなたは、この「きれいな言葉」を信じますか。
私は、モンサンミッシェルの海の猟師さんたちと宮城県桂島の猟師さんが、人間が本来持っている善意に基づいた交流により、50年の歳月を超えて助け合った事実こそ、ホンモノの「積極的な平和主義」であると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

福山雅治クン演じる竜馬像

54_4  新年明けましておめでとうございます。さて新春1月からNHKの大河ドラマ「竜馬伝」が、福山雅治クンの主演で始まりました。このちょっとひ弱な感じの彼に「あの竜馬」が務まるのか心配だったのですが、案の定、第1回目を見た限りでは、こんなに頼りない竜馬で大丈夫かなと先々がさらに心配になりました。

 ところが、関連番組で彼が「自分の演じる新しい竜馬像」について語っているのを聞いて、「そういう見方も面白いかな」と新たな興味がわいてきたのです。彼の話では、「竜馬というとおおらかでたくましくイメージが一般的」だが、「土佐にいるころの竜馬は将来についてしっかりした考えをもっていたのではなく、その後、たくさんの人と接する中で大きく成長していった」、そんな竜馬の姿を演じていきたいと語っていました。

 私の中での竜馬像は、やはり愛読した司馬遼太郎の「竜馬が行く」のイメージが強烈ですが、よくよく考えてみると「新しい竜馬像」のほうが、もしかしたら正しいのかなともいま思うのです。というのは、私が誰よりも竜馬に強い魅力を感じる一番の理由は、「勝海舟の刺客として勝邸に出向いたその晩に、何と殺るべき相手である海舟の弟子になってしまった!」ことにあります。私はこの一事に、竜馬の全てが体現化しているとつねづね思っているので、「人と接して成長していく竜馬」というのは、実にその通りだと合点しました。

 竜馬は周囲の思想の影響を受け「幕府の勝海舟こそ、日本の将来のガン」と刷り込まれ行動を起こすわけです。しかし、そこで竜馬のすごいところは、まちがいなく異常な精神状態であるはずの晩に、「まあ、話を聞け」という海舟の声に、しっかりと耳を傾けることのできる大人物だったということです。しかも海舟の政治思想や世界観をじかに聴くことによって、こともあろうに大の大人が、「目からウロコ」で一気に目を開いてしまうところが何ともすごいのです。

 つまり、彼にはイデオロギーなどないのです。主義主張で凝り固まった石頭ではなく、つねにものごとを「合理的・合目的的」に考えられる柔軟性がすごいのです。
 ですから、自分がじかに接した海舟を、この人物は「ほんもの」であると確信し、いままで自分が接した人物の中で最高!と判断したがゆえに即座に「弟子入り」したに違いないのです。その事実に、彼の素直さや純粋さ、柔軟性と人物のおおらかさなど、もう惚れ惚れする好人物の全てを感じてしまうのです。あわせて、勝海舟という人物の説得力や影響力に、彼の卓抜した見識や人物像にも大いに感動させられてしまいます。

 そんな当時の薩摩にも長州にも、実はドロドロとした権力の欲望と殺気が渦巻いていたのです。にもかかわらず、海舟は滅び行く幕府の中枢にあって一切の私欲なく、その目は幕府を超えて日本の将来に目が向いていました。一方、竜馬は、仲間が権謀術数で政治の中枢に参画することを企んでいるときに、立身出世には一切の興味なく「世界の海援隊になる」と目は世界との貿易に目が向いていました。

 名前こそ薩摩と長州ではないですが、いまや「党利党略」は相も変わらず、政治の世界には欲は化け物のようにでかいが人物力量は小粒なくせに大きな顔をして輩が多すぎます。
 いまの時代に竜馬や勝海舟が生きていたら、どのように私達と係わってくれていることでしょうか。21世紀の坂本竜馬や勝海舟の登場を、絶対にあきらめずに楽しみに待ちたいものです。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

裁判前に「12人の怒れる男」を

39  いよいよ裁判員制度がスタートしました。国民が是非を論ずる経緯のないまま、いつの間にか法務省が音頭をとって、国民皆兵ならぬ国民総裁判員になってしまいました。
 何年も司法試験に合格するために専門的な勉強をしても、なかなか合格しない法曹の世界に、一切の資格も持たない素人がポンとある日裁判に参加し、死刑だの無期だのと他人を裁くのです。これはどう考えてもムリが眼に見えています。

 そもそも裁判員制度とは、何が目的なのかと法務省のホームページを見ると、このように答えています。「専門的な正確さを重視する余り審理や判決が国民にとって理解しにくいものであったり,一部の事件とはいえ,審理に長期間を要する事件があったりして,そのため,刑事裁判は近寄りがたいという印象を与えてきた面もあったと考えられます。また,現在,多くの国では刑事裁判に直接国民が関わる制度が設けられており,国民の司法への理解を深める上で大きな役割を果たしています。」

 要約すると、①判決が国民に理解しにくい ②審理に時間がかかりすぎる ③刑事裁判は近寄りがたい印象 ④外国では直接国民が関わる制度がある の4点です。
 もし、この4点が裁判員制度の導入根拠だとすると、「おいおい」と言わざるを得ません。
 ①の判決が理解しにくいのは、裁判官が国民目線で説明できないだけであり、司法合格の資格条件として彼らの社会性を高める教育をすればいいことです。説明がわかりにくいからといって、受けて側を審理に参加させるのは、電気屋で店員がパソコンをお客様にわかりやすく説明できないから、お客様に店員になってもらうようなものでオカシな話です。
 ②の審理に時間がかかりすぎるのは、国民が入れば早くなるということなので、これも専門家の仕事の仕方に問題があることになります。③の近寄りがたい印象などというのは、どうでもいいことで本質的な問題ではありません。④外国では多くが導入している、についても、ただ外国がそうだから日本もそうするでは、歴史風土を無視した軽々しい迎合判断といわれてもいたしかありません。

 とみていくと、少なくとも法務省のコメントの中には「明確な導入根拠」が何一つありません。この4つの根拠をつなぎ合わせると、「司法に携わる専門家が社会常識に欠けていて時間もダラダラやっているから、国民が参加して分別ある判決を速やかに出して欲しい」とも聞こえてしまいます。

 イギリスを発祥とする12人の陪審員制度は、国王の権利についてが審議の最初で1000年以上もの歴史をもち、アメリカの陪審員制度もそれなりの歴史を持っています。よって、欧米ではもともと市民の自治や権力への抑制など参加型の民主主義形態のひとつとして発達してきたものです。ところが日本では140年前まで、遠山の金さんや暴れん坊将軍の大岡越前守など、お上がお白州で裁きを行ってきたわけです。アメリカのように、いまでもそうですが「銃を持って自らの命を守る」という開拓魂に裏打ちされた自主自立の精神などとは歴史も風土も違うのです。ですからステップも踏まず、歴史的な訓練もないまま、「人を裁く」事を国民に強いるのは明らかにムリがあろうというものです。

 人が人を高いところから裁くことを、自分の人生観や倫理観から受け容れられない人々も大勢いらっしゃるはずです。そもそも国民には「勤労の義務」「納税の義務」「子どもに教育を受けさせる義務」の3大義務が憲法に定められていますが、「人を裁く義務」などはありません。この裁判員制度は「国民の任意」にすべきであって、それを一律に義務化することは憲法違反であると私は考えています。それでなくても赤字財政なのに、福祉制度がなおざりになっている中で、またまた私たちの税金がこの裁判員制度に投入されていきます。おそらく、今後さまざまな弊害や問題が噴出してくることでしょう。

 いま世の中がおかしくなってきいます。政治家は国民に借金をさせてお金を政権維持のために好きなようにバラ撒く、役人は自分の利権と天下り先の確保に躍起になる、ちなみに法務省が、この裁判員制度に求めているメリットは何か。憤ることばかりですが、我々国民は気を取り直して現実的に最善を尽くして生きていかなければなりません。
 さて、ヘンリーフォンダ主演の「12人の怒れる男」(1957年)という名作映画あります。人間心理の奥にある偏見、エゴ、欲など「人が人を裁くとはどういうことなのか」を知る最高の教科書です。裁判員に選ばれた方は、ぜひ、見てから裁判に参加されることをお勧めします。

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

世の中からすべての塀を取り払うと

38  私の住んでいる100メートル四方には、コンビニもなければお店もありません。車を運転しない人にとっては、買い物ひとつ用の足せない不便なところです。そのかわり、自然がいっぱいで、春になると鶯がなき、花が咲き葉が茂り、リスがカタカタといつも声を出していて四季折々を肌で感じられるところではあります。10年前は犬の散歩で、夜の闇にふくろうの声も耳にしました。

 しかしながら、私自身は定住の意識が薄く、たぶん祖先が大陸の騎馬民族だったのでは、と思うくらいです。仕事の関係上、いまの場所に家を建てたのですが、やはり家だとか土地だとかにはあまり執着がありません。ですから、木を剪定したり庭造りをしたりするのも性に合わなく、できれば春は勝手に花が咲き乱れればいいし、秋は落ち葉を踏みしめて歩くのがいいのだと思っています。しかしながら大勢の人が出入りする都合上、ほったらかしてはいられないのも事実です。まあ、私は庭ひとつ履いていませんので、偉そうなことはいえません。

 そうはいっても、いま家の周囲を見ると、ウッドデッキにはカロライナジャスミンが2階の屋根に向かってつる枝を伸ばし、見事な黄色の花を咲かせています。隣家との境を見ると、隣家で植えた羽衣ジャスミンが日当たりの関係でほとんど全部、私の家の低い塀を越えて枝を伸ばし、可憐な白い花が当たり一面に咲き乱れ、甘く上品な香りを漂わせています。かといって、どこまでがどっちでなどというケチな話はなく、さまざまな花や木があっちに出たり、こっちにでたり、低い塀すら見えなくなってしまったくらい、両家とも花や草木の好きに任せているようです。

 かといって、この山のすべての人がそうではなく、隣の家の木が境界線の道標から出たとか出ないとかで争ったり、私道の上に公道の桜並木の枝が伸びてきて、毛虫が落ちるからと、見事な花を咲かせる枝を市に頼んでバッサリ切ってしまうといったこともあるのです。私はいつも思うのですが、もともとこの地球は宇宙の天地変動からできたのであって、誰かが最初に所有していたものではありません。それが人と人が争い、土地を奪い合って、いまでは、本来は誰のものでもないはずの土地に線を敷き、OO国のものだとか、オレのものだとか、全く人間は浅ましいなあと思うのです。

 同じように墓だって、何百万円もかけてネコの額くらいの広さを確保し、ここが「子々孫々までの墓」などと、私には勝手な思い込みをしているように見えるのです。墓についていうと、いま人類の歴史が何十万年も営々と続いてきているのに、日本ではわずか2000年に満たない前の「卑弥呼の墓」さえ、どこにあるのかわかりません。この日本で500年前の祖先の墓に詣でている人が、いったい何家族あるのでしょうか。ちなみに鎌倉では、鎌倉幕府を開いた源頼朝の墓も確実にはわかっていません。その妻の政子と息子の実朝の墓は、寿福寺というお寺の山の中腹に、小さな祠(ほこら)の前の粗末な墓石としてあるのみです。

 「人類が塀をつくったときから文明が始まった」といわれますが、いいかえれば「人類が塀をつくったときから醜い争いを始めた」のでしょう。所有を意味する物理的な塀が、心の塀になってしまったことはまちがいありません。
 ポーランドのワルシャワで、ヒトラーによって高い塀で隔離され殺されていったユダヤ人の子孫が、いまガザ地区のパレスチナ人を塀の中に閉じ込め自由を奪っています。イスラエルで行った村上春樹さんの講演は、暗にこの点をついていました。もし、この人間の世界から、すべての塀を取り払ったら、人類はどのような社会を新たに作り直していくのでしょうか。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

いまの時代、神様があえて教えようとしていること

29  米国史始まって以来、はじめて黒人の大統領が誕生しました。
 リンカーンが奴隷解放を唱え戦った南北戦争。その犠牲者を悼みゲディスバーグ国立戦没者墓地で行った「人民の人民による人民のための政治」(“government of the people, by the people, for the people”)と述べた演説はあまりにも有名ですが、そのリンカーンが「奴隷解放宣言」を行ったのが1862年です。

 その後はるか歴史は下って、「公民権運動」の先頭にたった黒人キング牧師が、ワシントン大行進でリンカーン記念堂の前で行った有名な“I Have a Dream ”の演説が1963年。リンカーンの「奴隷解放宣言」から実に100年後に「公民権運動」の大行進があり、そのキング牧師から46年後に、ようやくオバマ大統領の誕生となったわけです。リンカーンとオバマの2人が同じ聖書に左手を置き、ともに新大統領宣誓を行うまでの間に、長い長い146年の歳月が流れています。

 そして、現在の経済危機に際し、オバマ新大統領が掲げたのが「グリーン・ニューディール政策」です。かってウォール街から始まった世界大恐慌の時に、その経済を立て直すためにルーズベルト大統領が掲げたのが「ニューディール政策(New Deal)」で、オバマはその時代の成功を意識して、「21世紀の新しい環境ビジネス」に経済政策の力点を置く意欲を示したものです。

 そもそもルーズベルト大統領の「ニューディール政策」の基本は、それまでの「自由主義的な市場経済」から「政府が介入する統制経済」への転換にあります。この時代、市場というものは「神の見えざる手」によって自然に発展するものだという、いわばアダム・スミスの古典的経済論が主流でした。が、ウォール街のブラックマンディを境に一気に金融危機に陥ったことから、その理論が必ずしも正しくはないという風潮に一変しました。そこで脚光を浴びたのが市場統制を重要視するケインズの経済論で、このケインズの考え方が「ニューディール政策」のバックグラウンドとなったのです。

 サブプライムローンをきっかけにして、勝手に一人歩きしてモンスター化した金融と、その破綻によって実体経済までもが一気に崩落の危機にある現状は、ルーズベルトの時代とは比べものにならないほど世界がグローバル化しているだけに事は深刻です。よって、世界各国の連携による賢い経済統制・管理がいまは必要で、まさに「国家の政治力」が問われる重要な時代が来襲したといえるのではないでしょうか。

 世界NO.1の自動車会社に躍り出たはずのトヨタが、2009年3月期から一転して連結赤字の企業に転落してしまう嘘のような現実。そして世界の自動車産業すべてが立ち行かなくなった事実に目を向けると、もし、このような世界の実態を、神様があえて人間社会に与えたとすれば、我々は何を学んだらよいのでしょうか。不況だとか、金融危機だとかに危機感も大切ですが、歴史の大きな流れに立って考えると、「21世紀の人間社会のありかた」とはどのようなものか、いま政治家も経営者も国民も、いや世界中の人々が神様から教わっているように思えるのですがいかがでしょうか。

| | コメント (0)