« 牛丼戦争の先にあるもの | トップページ | 「アリ地獄」に陥らないビジネス »

2010年8月24日 (火)

今年もクマゼミは鳴くのだろうか

59  私が子どもの頃は、梅雨が明けたとたんに待ってましたとばかり、「ジージ―ジ― ジリジリジリジリ」とか「ミ―ンミンミンミー」と、いっせいにセミが鳴き出して夏が来ました。捕れるセミで圧倒的に多かったのは羽根が茶で体が黒と白のアブラゼミ、次に羽根が透明で体が緑っぽいミンミンゼミ、そして夏も盛りを過ぎた頃、「オーシンツクツク オーシンツクツク フイーオーフイーオー」と鳴くのがツクツクホウシ(オーシンツクツク)、「チッチッチーニージージィージィー」と鳴くのがニイニイゼミ、そして「カナカナカナカナ」と夕方時になると物悲しく鳴いて、「夏休みもそろそろ終わりだよ」と告げるのがヒグラシ、こんなところが東京の麹町で育った私の思い出です。

 あれから何十年も経って、いま鎌倉では全く違う夏を過ごしています。
 今年の梅雨明けに、まずセミが鳴かないのに驚きました。「ほんとうに梅雨が明けたのかな」「セミはみんな死んでしまったのだろうか」と真面目に思ったくらいでした。そして暑い日が続いたある夜から、チラホラとセミが鳴き始めました。それが、もうこの数年ずっと変なのですが、かって夏の終わりに鳴いたカナカナから、今年も鳴き始めました。
 そして夏の始まったばかりの7月の夜に、網戸にガサッと何かがぶつかる音がして見てみると、立派なカブトムシが黒光りをさせて網戸に掴まっていました。「おいおい、お前、ちょっと来るの早すぎない?」って言ったくらいです。

 いまは、オーシンツクツクとニイニイゼミが盛んに鳴いています。過ぎ行く夏を惜しむかのように、もうひっきりなしに鳴くセミの声。朝晩、クーラーをとめた網戸越しに、レースのカーテンを大きく揺らす風。やはり秋は確実に、もうすぐそこまでやって来ています。ところで、夏の終わり頃にほんの一時、「シャーンシャーンシャーン」となくセミの声をまだ聞きません。そう、クマゼミです。

 30年以上も前に九州に赴任していた時は、大きく響く立派なセミの声をよく耳にしました。いつの頃からか、箱根の山を越え関東にも入ってきたのでしょうが、今年はまだ耳にしていません。ごくごく当たり前の自然の姿が当たり前でなくなると、人間はどうも落ち着かなくなるものです。季節の風物が少しずつ変わっていく。多くの人々は、この微妙な変化に、何となく落ち着かない不安を肌で感じているのではないでしょうか。

|

« 牛丼戦争の先にあるもの | トップページ | 「アリ地獄」に陥らないビジネス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛丼戦争の先にあるもの | トップページ | 「アリ地獄」に陥らないビジネス »