« 意志のあるところに道ができる | トップページ | 低価格社会の先に »

2009年10月19日 (月)

「風」の話

50_4  10月も半ば過ぎて、朝晩はめっきり寒くなってきました。今日は「風」のお話。
 先日の台風上陸のときは、夜中に窓の外の木々が、最初はまるで風と激しいダンスをしているように見えたのですが、しばらく見ていると木々は嫌がっているのがわかりました。台風の猛風が「さあ、その幹も枝もへし折ってやるぞー!」と、木々を強引になぎ倒そうとするのを、「いやだあ!負けないよー!」と叫びながら体をくねらせ、何度も何度も立ち直ろうとする光景に見えました。

 台風もそうですが、風にはさまざな種類があって、私の好きな風、嫌いな風があります。嫌いな風は春先にほこりを舞い上げる風、また冬の高層ビルの側面に吹く、3秒で体が凍ってしまうような強く冷たい無機質な風。かといって、体を吹き抜ける風がイヤなのではありません。台風の風は被害のことを考えると不謹慎ですが、雪の中で遊ぶ子犬のように、危険さえなければ外に出て嵐と一緒に遊びたい気分にもなります。

 30代はじめの頃、博多の中州で酔っ払い、歩いて海近くのホテルに向かうときの、玄界灘から吹いてくる風の冷たかったこと、酔い覚めの気分と相まって忘れられません。かといって、真冬の八戸港で味わった津軽海峡の「刺すような冷たい風」は、しばしの間はガマン比べのようで何ともいえない爽快感と緊張感がありました。人間は、覚悟なく不意に食らった風には、どうも弱いのかもしれません。

 私の住む神奈川県にもさまざまな風が吹きます。秋になると必ず目に浮かぶのが、箱根芦ノ湖の湖面を吹く風と仙石原の群生したススキに吹く風です。どちらも、「秋だなあ!」と実感するひんやりした、それでいて気持ちの良い風です。一方、春は、観音崎の灯台に吹く風でしょうか。陽だまりが暖かく、それでいて海からの風は、「これからたくさんの花を咲かせますよー!」という風です。

 冬の風で素晴らしいのは、七里ガ浜の夜の海の風。誰もいない防波堤の階段に座っていると、手元の方しか見えない暗い海に、約50メートルくらいか白い小波が横一列になってラインダンスのようにやってくるのです。あたりが暗い分、このラインダンスが美しく寒い風の中でしばし見とれてしまいます。
 そして、もうひとつ、それは葉山のある海岸の冬の風。

 その風の場所は、むかし岩場に小船が着けなかった大正か昭和の時代か、沖の岩を削って船着場にして、そこからトロッコの線路を20メートルくらい飛び石の上に敷いた場所です。おそらく獲れた魚の入った木箱を、男も女も総出でそのトロッコで運んだことでしょう。それは昔のこと、いまは防波堤の外側に錆びた線路が曲がったまま、誰にも相手にされず残っています。そこは、まるで私のアタマに描くシベリアのようで、春でも夏でも秋でもダメで、ただただ冬の荒い波と鉛色の空と、そして髪の毛をぐしゃぐしゃにする風が似合う場所なのです。今年もあと2ヶ月もすると、その風に会える季節がやってきます。

|

« 意志のあるところに道ができる | トップページ | 低価格社会の先に »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意志のあるところに道ができる | トップページ | 低価格社会の先に »