« 「地球に優しく」の欺瞞 | トップページ | 「風」の話 »

2009年9月21日 (月)

意志のあるところに道ができる

49  いよいよ鳩山内閣が発足しました。「政治主導」を掲げ、従来のような官僚のひも付き会見がないスタートは、TVで見ていても「脱官僚」の決意の程がわかりました。また矢継ぎ早に各大臣が政策について「実行,廃止」などを明言し、「検討する」などという不明瞭な発言をしなかったことは爽快感もありました。

 鳩山総理はじめ、どの大臣も原稿を見ずに「政治への思い」を自分の言葉で語っているのは、(政治家なら当たり前のはずなのですが)改めて力強さと主体性を感じました。
 このブログでも述べてきたことですが、いままで「やりたいことのない政治家」が総理大臣になり、「いま任命を受けたばかりですので、これから勉強して・・・・」などというとぼけた答弁しかできない「ご褒美」大臣が、いかに国民をバカにしていたことかを逆に浮き彫りにもしました。

 9月17日に行った毎日新聞の全国世論調査では、内閣支持率は77%、小泉内閣の85%に次ぐ歴代2位だそうです。77%の理由は、「政治のあり方が変わりそうだから」が77%と最多の一方で、「政策に期待できるから」はわずか15%でした。これらの数字からは、政治の転換には期待するが、政策については必ずしも全てがOKではないという国民の判断を読み取ることもできます。今回の選挙で国民が民主党を支持した最大の背景は、「脱官僚政治」による「無駄な税金使途の排除」でしょう。

 ところが国民新党との連携で「郵政民営化の見直し」がセットになっています。そもそも民主党は、今回の選挙で国民の多くが「郵政民営化の見直しを求めている」と思い込んでいるのでしょうか。もしそうであるなら私が不思議に思うのは、4年前に小泉総理の「郵政民営化」を支持した圧倒的多数の国民は一体どこに行ってしまったのか、という疑問です。

 また「高速道路の無料化」も、一時のレジャー対策にはわかるのですが、恒常的に無料化に問題がないかという疑問です。数多くのファミリー企業がいまもぶら下がっている高速道路が無料化すれば、借金の返済はさらに遠のき民営化の努力も方向を失う危険が大です。高速道路が無料化すれば道路補修費も、村から出たこともないおばあちゃんからの税金も投入しなければならなくなります。そもそも新幹線も飛行機も受益者負担が当たり前なのに、自動車の高速通行料が無料なら、いずれは新幹線も無料にするということなのでしょうか。

 このように、大きな政治変革に大いなる期待を寄せるとともに、政策各論については問題・課題も多いので、国民は是々非々で声をあげ皆で日本の国をよい方向へ導いていきたいものです。国民の1票が政治を変えるということを、今回ははっきりと証明しました。前途は多難が予想できますが「新しい日本の夜明け」に期待したいですね。

|

« 「地球に優しく」の欺瞞 | トップページ | 「風」の話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「地球に優しく」の欺瞞 | トップページ | 「風」の話 »