« 神から授かった音楽 | トップページ | 言葉を超えた下町の「かっこよさ!」 »

2009年6月29日 (月)

梅雨時の雨の匂いに思うこと

43  私は東京のど真ん中、千代田区麹町の化粧品屋の倅として育ちました。そう、三丁目の夕日の時代がちょうど中学生、ヒットしたフランク永井の「有楽町で会いましょう」の銀座には家の前の都電で10分、子供心に何か有りそうな大人の街・新宿には10分というところです。もう、話について来られない読者がいっぱいいますか。

 交通の便は、これほど便利なところはありませんでしたが、まだまだ当時はチャンバラ遊びや探検ごっこなど、遊び場には事欠かない時代でした。いまのホテルニューオータニの場所は、旧秩父宮様の屋敷跡で草ぼうぼう、近所の大きいお兄さんたちと「雉」を空気銃で撃ちに行ったりしました。家の裏のほうの紀尾井坂を下りきったところには、歌舞伎役者・尾上松禄の屋敷があり、その門前にはきれいな小川が流れていたので「沢蟹」を採ったり、清水谷公園でザリガニや小ブナ獲りが日課でした。小学校の高学年にもなると徒党を組んでアメリカンスクールの生徒たちや四ツ谷にあった中華学校の生徒たちとけんかもしました。ここまでは話せる話で、今でも話せない悪さはいっぱいあります。

 そんな悪がきも高校生になるとサッカー部で毎日練習三昧、家に帰ると疲れ果て、晩ご飯にも起きられず制服を着たまま朝を迎えることも1回や2回ではありませんでした。でも、時々さんざ遊んだ子どもの頃が思い出され「魚釣り」がしたくなることがありました。さて、そんな時どうするか、近所の上海料理店の2歳年上の「孟ちゃん」と夜明かしで青春を語り合い、そして明け方「釣り」に出かけるのです。さて、ここで問題です。麹町からタクシーで朝なら5~10分、いったいどこに「釣り」に出かけるのでしょうか。

 実は、皇居・竹橋のお堀に行くのです。明け方、芋と小麦粉を練って耳たぶくらいの柔らかさの団子を作り、いまの竹橋と千代田区役所の中間あたりのお堀端で降ります。どういうわけか、「孟ちゃん」と行くときは雨の日が多く、記憶の中でも梅雨時の釣りしか思い出せません。現地に着くと、歩道からお堀に降りられる足場が1箇所あって、そこに降りて釣り糸を垂れるのです。今ほど車も多くなく、雨の音だけの、しばし静寂の空気が漂います。緊張の中でウキが静かに動き、小さな動きの後に一気に「ググッ」と引き、その瞬間に竿をしぼると、グンとした手応え、この瞬間のために眠い眼をガマンして徹夜してやって来たのです。

 大きな真ブナがずっしりと手の中で暴れます。まあ、釣れること釣れること。梅雨時にはお腹に黄色い卵をいっぱい持っていて、手につくこともあるのです。お堀の真ブナは、銀色したヘラブナと違い金色で鯉のようです。そしてサウスポーの「孟ちゃん」の上手なこと、一度たりとも数で勝ったことはありません。家に持って帰り、大きな木のたらいに入れるのですが、今のように酸素ポンプの設備がない時代、一晩たつと酸欠でみんな白い腹を出して死んでしまっています。殺生なことをしたものです。そのまま置いてくるのが惜しいばかりに・・・・。

 この、お堀の釣りでは、さまざまなものが釣れました。フナはもちろん、鯉、うなぎ、なまず、かめ、雷魚など何でも釣れたのです。当たり前です。当時も皇居では釣ってはいけないのです。いまではパトカーで連行でしょう。
 毎年、梅雨時の雨の中に身をおくと、目の前50センチのところにあるあのお堀の水の匂い、木々の緑の匂いなどすべてが入り混じって、私には「皇居のお堀の真ブナ釣り」の匂いが体中にいっぱい満ち満ちてくるのです。

|

« 神から授かった音楽 | トップページ | 言葉を超えた下町の「かっこよさ!」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神から授かった音楽 | トップページ | 言葉を超えた下町の「かっこよさ!」 »