« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

世の中からすべての塀を取り払うと

38  私の住んでいる100メートル四方には、コンビニもなければお店もありません。車を運転しない人にとっては、買い物ひとつ用の足せない不便なところです。そのかわり、自然がいっぱいで、春になると鶯がなき、花が咲き葉が茂り、リスがカタカタといつも声を出していて四季折々を肌で感じられるところではあります。10年前は犬の散歩で、夜の闇にふくろうの声も耳にしました。

 しかしながら、私自身は定住の意識が薄く、たぶん祖先が大陸の騎馬民族だったのでは、と思うくらいです。仕事の関係上、いまの場所に家を建てたのですが、やはり家だとか土地だとかにはあまり執着がありません。ですから、木を剪定したり庭造りをしたりするのも性に合わなく、できれば春は勝手に花が咲き乱れればいいし、秋は落ち葉を踏みしめて歩くのがいいのだと思っています。しかしながら大勢の人が出入りする都合上、ほったらかしてはいられないのも事実です。まあ、私は庭ひとつ履いていませんので、偉そうなことはいえません。

 そうはいっても、いま家の周囲を見ると、ウッドデッキにはカロライナジャスミンが2階の屋根に向かってつる枝を伸ばし、見事な黄色の花を咲かせています。隣家との境を見ると、隣家で植えた羽衣ジャスミンが日当たりの関係でほとんど全部、私の家の低い塀を越えて枝を伸ばし、可憐な白い花が当たり一面に咲き乱れ、甘く上品な香りを漂わせています。かといって、どこまでがどっちでなどというケチな話はなく、さまざまな花や木があっちに出たり、こっちにでたり、低い塀すら見えなくなってしまったくらい、両家とも花や草木の好きに任せているようです。

 かといって、この山のすべての人がそうではなく、隣の家の木が境界線の道標から出たとか出ないとかで争ったり、私道の上に公道の桜並木の枝が伸びてきて、毛虫が落ちるからと、見事な花を咲かせる枝を市に頼んでバッサリ切ってしまうといったこともあるのです。私はいつも思うのですが、もともとこの地球は宇宙の天地変動からできたのであって、誰かが最初に所有していたものではありません。それが人と人が争い、土地を奪い合って、いまでは、本来は誰のものでもないはずの土地に線を敷き、OO国のものだとか、オレのものだとか、全く人間は浅ましいなあと思うのです。

 同じように墓だって、何百万円もかけてネコの額くらいの広さを確保し、ここが「子々孫々までの墓」などと、私には勝手な思い込みをしているように見えるのです。墓についていうと、いま人類の歴史が何十万年も営々と続いてきているのに、日本ではわずか2000年に満たない前の「卑弥呼の墓」さえ、どこにあるのかわかりません。この日本で500年前の祖先の墓に詣でている人が、いったい何家族あるのでしょうか。ちなみに鎌倉では、鎌倉幕府を開いた源頼朝の墓も確実にはわかっていません。その妻の政子と息子の実朝の墓は、寿福寺というお寺の山の中腹に、小さな祠(ほこら)の前の粗末な墓石としてあるのみです。

 「人類が塀をつくったときから文明が始まった」といわれますが、いいかえれば「人類が塀をつくったときから醜い争いを始めた」のでしょう。所有を意味する物理的な塀が、心の塀になってしまったことはまちがいありません。
 ポーランドのワルシャワで、ヒトラーによって高い塀で隔離され殺されていったユダヤ人の子孫が、いまガザ地区のパレスチナ人を塀の中に閉じ込め自由を奪っています。イスラエルで行った村上春樹さんの講演は、暗にこの点をついていました。もし、この人間の世界から、すべての塀を取り払ったら、人類はどのような社会を新たに作り直していくのでしょうか。

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

日本はどこに行こうとしているのか(下)

37  前回は、北朝鮮のミサイルに端を発して、日本の過剰な反応のお話しをしました。そして、その裏に政府や防衛省のさまざまな思惑が見え隠れしています。また、今月の「文芸春秋5月号」の「鳩山由紀夫・邦夫の兄弟対談」で、由紀夫氏が「民主党の中で根っこは護憲だと思っている方は1割か1割五分くらい」と断言しています。戦争を知らない世代が日本国民の75%を占める現在、「憲法第9条」はまさに風前の灯火なのでしょうか。

 さて先日、NHKでは「JAPAN150年の軌跡」という特別番組の中で、外交官・安達峰一郎を取り上げていました。彼は外交官としてヨーロッパにいて、第一次世界大戦の惨状を目の当たりに見ました。その結論として安達は、「戦争によって解決するものは何もない」ことを、身をもって知ったといわれています。昭和5年、ハーグの常設国際司法裁判所の裁判官として、彼は国際連盟52カ国のうち49カ国の得票で第1位に選ばれます。そして翌年、日本が満州事変に突入した年に、彼は同裁判所の所長に選ばれ「法による世界平和」を訴えました。

 彼は当時、何度も日本政府に「法による世界平和」を説きましたが、すべて拒否され日本は大陸に侵攻していきました。その侵攻中、彼は亡くなりましたが、ヨーロッパの国々から「世界の良心」として尊敬され、国際司法裁判所のあるオランダでは、国葬にまでなったことを今でも日本人のほとんどが知りません。

 この安達峰一郎の「法による世界平和」が基本理念になり、日本国憲法の憲法第9条「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という条文が誕生したといわれています。この「国際紛争の解決手段としての戦争を永久に放棄する」精神が、国の憲法にうたわれているのは世界広しといえども日本だけです。そして、いまさまざまな国で、この条文を「世界が平和になる唯一の道」として見直す動きが出ています。

 この5日、オバマは「核兵器廃絶」を世界に表明しました。おそらく、この宣言が、軍事費削減の表向きのきれいごとならガッカリですが、もし、今後の状況に関わらずオバマが一貫した政策を打ち続けるならば、おそらく歴史的な宣言になることでしょう。

 日本の中では、与党も野党も血気盛んで、「やったらやりかえす」などと、やくざの出入りのような「匹夫の勇」発言がポンポン飛び出しています。今後、日本は「法による世界平和」をめざすのか、それとも「武力による世界の安定」に組していくのか、これからの5年間で状況が大きく動くような気がしています。それこそ、私たち日本国民は、将来をしっかりと見定め、どちらを選択するのか、その選択の重要な岐路に立たされているように思えるのですが・・・・

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

日本はどこに行こうとしているのか(上)

36  北朝鮮は5日、「人工衛星の発射に成功し軌道に乗った」と発表しましたが、日本は最初から最後まで「ミサイル発射」という政府発表をし、新聞もそれに同調しました。
 その間、P3Cの配備やイージス艦の派遣、偵察機の発信など、まるでいまにも戦争が始まるかのような大騒ぎの対応を政府は見せました。また、東北の各県では、緊急体制ということで県庁の一箇所に県の幹部が集まり、いまにもゴジラや宇宙人が襲撃してくるような重々しさでした。
 あれから、わずか1週間、日本列島は何事もなかったかのような忘れようです。ただ、騒がしいのは国土の上空を飛ばれた日本の、落としどころの見えている国連での面子外交だけです。

 まあ、政府や防衛省の立場ならば、今回の北朝鮮のミサイル発射という機会は、いざという時の実戦配備が堂々とできる格好のシミュレーションの機会であったことはまちがいありません。はたして、4日の日の午前中には発射の誤報が流れ、それに対して右往左往、しかも各県では緊急体制というのに、ネットで受信したものを、別オフィスで何とこの緊急時にFAXで関係部署に流す、さらに末端の市町村では発射後10分も経ってから放送で聞くという、まるで風刺コメディを見ているような、そんな感想を持った方も少なくなかったでしょう。

 誤報を出し自ら右往左往する日本の中枢が、もし、本当に日本の上空にミサイルが落下してきたら、はたしてきちんと対応できるのでしょうか。失敗したら、もはや笑い事では済まされません。私は、自国の防衛や緊急対策を揶揄する気持ちは毛頭ありませんが、大騒ぎをして仰々しい迎撃体制をとったにもかかわらず、簡単な人為的なミスを犯す日本の平和ボケや国家中枢の稚拙さに、深刻な思いを抱いた方も多いのではないでしょうか。

 TBSの5日の「サンデーモーニング」では、北朝鮮に対する自衛隊の迎撃準備にインタビューを受けた人々のほとんどが、「しょうがないでしょうね」という発言をしていました。アフリカのソマリアに海賊が出て日本の商船を襲うので、それを防止するために自衛隊の軍艦を派遣するのにも、インタビューで「しょうがないでしょうね」という意見がほとんどでした。

 重大なのは、この自衛隊派兵は暫定立法もないのですから、間違いなく憲法違反だということです。このようにして、当たり前に日本や海外で自衛隊が「自国を守り、自国民を守る」ことを大義名分として大手を振っていよいよ活動を拡大する、それを国民が「しょうがない」で容認する。このようなシナリオが、たまたま偶然なのか、それとも作為的なのか、国民は冷静に考える必要があるでしょう。

 さて、来週は、憲法第9条「戦争放棄」の条文のバックボーンにある理念と外交官・安達峰一郎についてお話します。

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

準優勝・花巻東高校の強さの秘密

35_6  選抜高校野球の決勝戦は、大会前にはともに優勝候補からほど遠かった長崎・静峰高校と岩手・花巻東高校の行き詰る熱戦となり、1:0で静峰高校の優勝となりました。一時は、大会史上はじめて優勝旗が白河を越えるかと期待されましたが、初出場の花巻東高校の優勝はなりませんでした。しかしながら、その見事な健闘が母校のみならず岩手の人々の誉れとなったのは間違いありません。

 その花巻東高校ですが、県立高校でなく私立だそうです。甲子園で決勝戦まで行くチームですから、さぞ選手は全国から集まっているのかと思いきや、全員が岩手県内の高校の卒業生であることをカーラジオで聞いて驚きました。では、どうしてこんなに強いチームに育ったのか、この学校のエピソードも紹介していました。

 実はこの学校、創立は商業学校だったのですが、昭和57年に合併で花巻東高校になりました。しかしながら、最初は余り風紀のよい学校ではなかったのだそうです。それが、あることから変わっていったのだそうです。
 そのあることとは、毎朝、生徒の登校時に先生たちが校門にたち、必ず生徒に「おはよう」の声かけをし始めたことがきっかけでした。この「おはよう」の声かけから数十年、いまこの学校の周囲に住む人々は、生徒からさわやかで大きな「こんにちは」とか「お元気ですか」とかいう声をかけられているとのことです。

 先生たちの「おはよう」には、教育者の深いところの熱意と思いがヒシヒシと伝わってきます。そして、いまその「おはよう」が生徒の中に浸み込んで、今度は生徒の「おはよう」の声になって先輩から後輩へと受け継がれている姿が浮かびます。全国から選ばれた多くの高校が、勝利すると高らかに歌う校歌には、必ず「伝統」という歌詞が登場しますが、学校の中で先輩から後輩へ受け継いでいく大切なものは何かを、この花巻東高校は改めて私たちに教えてくれているように思えます。

 さて、企業の中で経営者もビジネスマンも、「思い」をどのように社員や仲間に伝えていくのか、どのように「いま」を変えていきたいのか、忍耐も我慢も必要で簡単なことではないでしょうが、私たちは、花巻東高校の先生と生徒から大きなヒントをもらいました。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »