« 宇宙飛行士の最終試験 | トップページ | 準優勝・花巻東高校の強さの秘密 »

2009年3月23日 (月)

「人間の幸せ」について――理念としくみづくり

34_2 TVの話で恐縮ですが先日、「スウェーデンの消費税が、なぜ高率なのか」という背景を放映していました。日本では消費税をアップする側が必ず言うのが、「日本は消費税が低い。ところが欧米では・・・」という話し。しかし、これには当然、裏があるのです。

 実はスウェーデンの消費税は25%、日本では考えられない数字です。これでは、相当の悪政が行なわれてるのでは、と思うととんでもない間違いで、老後の心配もない制度が整っている、スウェーデンはいわば福祉国家の理想郷のようなうらやましい国家なのです。

 具体的には教育費も大学までは無料で、子育て支援制度も充実しています。病気で失業しても1年間は前の給与の8割が保障されます。老人は年金で暮らせ、在宅介護が普通です。ですから、税金が高くても国民は国家を信用しているので、貯金をする人も少なくお金は国家に預けているという意識なのだそうです。

 では、なぜ、このような社会が実現できているかというと、世の中のしくみが完全に好循環に回るように政治家も国民も努力してきた結果というのが正しい分析と思います。
 例えば、大学まで無税も、将来をになう子どもに対する「教育の機会均等」の精神が見て取れます。また社会では、男性にも育児休暇がありますが、それは単に男女平等だからというような論理ではありません。女性が社会に出て積極的に働いてくれれば税金の払い手が増え、国家の生産力も増すことになるからです。つまり、国家の働き手としてがんばってくれれば高福祉が実現できるから、彼ら自身の見返りとしても積極的に働くわけです。

 つまり、彼らは国家の「幸せ」のしくみを信じています。では、なぜ彼らが国家を信用しているかといえば、政治家を信用しているのです。その大きな根拠として、代議士は普通のサラリーマンとたいして変わらない給与しかもらっていません。代議士自らが言うには「政治家は国民から離れてはいけない」。だから、つねに国民と同じ目線の人々が選ばれ、真の国民の代表となって機能するわけです。

 日本では、地域密着型の小選挙区制でお金がないと選挙が戦えない。だから政治家は高額な給与を定め、なおかつ利権の所有者として裏で金を取る。その政治家を操る役人は、自分たちの保身に汲々として、次から次へと天下りの部署を増産する。日本の国民は、こういう政官財の癒着にどっぷり浸かって税金を無駄遣いしている政治を、いやというほど見てきました。だから、いかに税金を払わないかと節税・免税に注力し、ときには脱税までして払うことを避けるのです。

 スウェーデンのように国民が国家を信用している国と、国家を信用できない国と、どちらの国民が幸せであるか明白です。男も女もみんなでせっせと働いて税金を納める。政治家は国民と同じ生活をし同じ目線を持って、預かったお金を国民の一人として活かすために尽力する。そして年をとったら国民は、国家が「ご苦労様」と老後の面倒をすべて見る。

 目先の福祉だとか票集めのバラマキだとかは、全く性質の異なる政治がそこにあります。つまりスウェーデンには、「国家はどのようにしたら人間の幸せのしくみをつくれるか」という高邁な構想力と理念がまずあるのです。「人間の幸せのしくみづくり」こそ、政治の本質と言っても過言ではありません。

 さて、まず「隗より始めよ」で、私たち経営者ももういちど、スウェーデンの将来を見据えた大局観と構想力に学び、「理念と幸せのしくみ」のメンテナンスをして見ませんか。

|

« 宇宙飛行士の最終試験 | トップページ | 準優勝・花巻東高校の強さの秘密 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙飛行士の最終試験 | トップページ | 準優勝・花巻東高校の強さの秘密 »