« テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 | トップページ | プロとしての地道な努力と魂 »

2009年2月16日 (月)

お金を巻き上げる人と躍らされる人

31_2  私の住んでいるところは鎌倉です。この鎌倉から一駅のところに大船という街があります。大船は、東海道線、横須賀線、そして湘南モノレールの駅が集中し、結構な賑わいを見せています。とくに、「仲通商店街」は有名で、魚や野菜が湘南でも特に安く、よくTVでも取り上げられます。

 で、この街を見てきて30年以上になりますが、最近特に街が変貌してきているのが気になっています。といいますのは、大きな書店がなくなり、老舗のお店がなくなり、ただ増えてきたのは、大型のドラッグストアと携帯ショップと大型ゲームセンター、そして林立する大型パチンコ・スロットのお店です。新規開店時には会員登録制?に行列ができ、おじさんやおばさんが案内嬢に店内へ誘導されていく姿を見ていると、何とも切ない気持ちになってきます。

 もともとこの地には「大船松竹撮影所」があり、文化の発祥地でもありました。さらにさかのぼると江戸時代、実はこの周辺は湿地帯で「粟を積んだ舟」が行き来していたそうです。その「粟舟」が転じて、「あわふね」「おおふな」となったといわれています。そんな場所ですから、昔は田んぼや畑しかない農村地帯だったのでしょう。そして、この一帯を、いまも残る古い家名の数人の地主たちが所有していたようです。

 では、なぜ、これら広大な土地持ちが誕生したかといえば、ここらの農夫たちは、雨が降ると結局、悲しいかなバクチしかすることがなくて、その挙句、お金がなくなり金貸しに借りる、その借金の形に土地が取られ、金貸しはドンドンと所有する土地を増やしていったという話しがもっともらしく伝わっています。

 いまの大船は、昼間から主婦が買い物袋を提げながらパチンコ屋さんから出てきます。お金をスッて何ともいえない表情をしているのですが、はたしてご主人は知っているのでしょうか。いま大船に、ドンドンと広がるパチンコ屋やゲームセンター、そして携帯ショップを見ていると、言葉は悪いですが世の中の「ズル賢い人々」が、「思慮に欠ける人々」を「カモ」にして、さまざまな仕掛けを「エサ」に、お金を巻き上げているようにも見えてくるのです。

 電話やネットで低俗な性をウリモノにして荒稼ぎをする業者と、まんまと乗せられる愚かなお客。何度でも買い物ができて元金が減らないという「円天」マネーを考え出したずる賢い男たちと、その幻想の貨幣に群がった人々。いつの時代も、「小人閑居して不全を為す」(小人物は、暇ができるとロクなことをしない)の喩えどおり、愚かな者を相手に、ズル賢い人間が彼らを食い物して、「お金を巻き上げる構図」が消えてなくなりません。
ラクして遊びたい、儲けたいという一攫千金を求める人々が、世の中の「金喰いの罠」に飲み込まれ、逆にお金を失っていく、街全体がドンドンと非生産的な遊び場に変貌していくのを見ていると、どうしても私たちの社会に危機感を持たざるを得ません。

 実体経済が世界を動かすのでなく、実体のないマネーゲームである金融がモンスターとなって、世界のまともに働いている人々を不幸のどん底に陥れたのが2009年のいまです。サブプライムローンに始まったこの愚は、「お金を巻き上げる人々と、お金を掠め取られる人々の構図」として、規模こそ違っていても大船の街の変貌と本質が同じように思えるのです。

 よくTVなどで自給自足に近い山村のお年寄りを目にしますが、どの方も皆、穏やかなすばらしいお顔をしていらっしゃいます。それに比べて、都会の人々は、どこか血走っていてゆとりがありません。私たちにとって「幸せ」とは何か、もう一度、日々の生活の中で、「お金」に踊らされない人生とはどのようなものか、皆で考えてみたいものです。

|

« テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 | トップページ | プロとしての地道な努力と魂 »

ビジネス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
大船って昔はこうじゃなかったんですね。
仲通にもうすぐ職場ができるんで、大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: リラク | 2009年4月 5日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 | トップページ | プロとしての地道な努力と魂 »