« アラウンド団塊世代の“昭和の郷愁”を商品化する | トップページ | テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 »

2009年1月26日 (月)

いまの時代、神様があえて教えようとしていること

29  米国史始まって以来、はじめて黒人の大統領が誕生しました。
 リンカーンが奴隷解放を唱え戦った南北戦争。その犠牲者を悼みゲディスバーグ国立戦没者墓地で行った「人民の人民による人民のための政治」(“government of the people, by the people, for the people”)と述べた演説はあまりにも有名ですが、そのリンカーンが「奴隷解放宣言」を行ったのが1862年です。

 その後はるか歴史は下って、「公民権運動」の先頭にたった黒人キング牧師が、ワシントン大行進でリンカーン記念堂の前で行った有名な“I Have a Dream ”の演説が1963年。リンカーンの「奴隷解放宣言」から実に100年後に「公民権運動」の大行進があり、そのキング牧師から46年後に、ようやくオバマ大統領の誕生となったわけです。リンカーンとオバマの2人が同じ聖書に左手を置き、ともに新大統領宣誓を行うまでの間に、長い長い146年の歳月が流れています。

 そして、現在の経済危機に際し、オバマ新大統領が掲げたのが「グリーン・ニューディール政策」です。かってウォール街から始まった世界大恐慌の時に、その経済を立て直すためにルーズベルト大統領が掲げたのが「ニューディール政策(New Deal)」で、オバマはその時代の成功を意識して、「21世紀の新しい環境ビジネス」に経済政策の力点を置く意欲を示したものです。

 そもそもルーズベルト大統領の「ニューディール政策」の基本は、それまでの「自由主義的な市場経済」から「政府が介入する統制経済」への転換にあります。この時代、市場というものは「神の見えざる手」によって自然に発展するものだという、いわばアダム・スミスの古典的経済論が主流でした。が、ウォール街のブラックマンディを境に一気に金融危機に陥ったことから、その理論が必ずしも正しくはないという風潮に一変しました。そこで脚光を浴びたのが市場統制を重要視するケインズの経済論で、このケインズの考え方が「ニューディール政策」のバックグラウンドとなったのです。

 サブプライムローンをきっかけにして、勝手に一人歩きしてモンスター化した金融と、その破綻によって実体経済までもが一気に崩落の危機にある現状は、ルーズベルトの時代とは比べものにならないほど世界がグローバル化しているだけに事は深刻です。よって、世界各国の連携による賢い経済統制・管理がいまは必要で、まさに「国家の政治力」が問われる重要な時代が来襲したといえるのではないでしょうか。

 世界NO.1の自動車会社に躍り出たはずのトヨタが、2009年3月期から一転して連結赤字の企業に転落してしまう嘘のような現実。そして世界の自動車産業すべてが立ち行かなくなった事実に目を向けると、もし、このような世界の実態を、神様があえて人間社会に与えたとすれば、我々は何を学んだらよいのでしょうか。不況だとか、金融危機だとかに危機感も大切ですが、歴史の大きな流れに立って考えると、「21世紀の人間社会のありかた」とはどのようなものか、いま政治家も経営者も国民も、いや世界中の人々が神様から教わっているように思えるのですがいかがでしょうか。

|

« アラウンド団塊世代の“昭和の郷愁”を商品化する | トップページ | テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 »

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラウンド団塊世代の“昭和の郷愁”を商品化する | トップページ | テレビコマーシャルの制作側と受けて側の感性 »