« 選挙の投票用紙をちょっとだけ変えてみる | トップページ | トキの生息できる環境が意味するもの »

2008年12月22日 (月)

体いっぱいに酸素を吸い続ける

25_3  いよいよ今年も後わずかになりました。
 今年はいろいろなことがありましたが、何といっても世界が一気に金融危機に陥り、日本でも連日「派遣切り」の嵐が吹き荒れ、来年の日本に暗い影を落としています。政治の世界ももう混沌としてきて政府の政策に一貫性がなく、まさにダッチロール状態、果たして日本はどこに行ってしまうのか心配しないで入られません。

 そんな中で、ビジネスにおいては暗い話しばかりでなく、売り上げを伸ばしているところも実はあります。日経ビジネスでは今年のヒット商品の特色を、「下流の上マーケットが主役に躍り出た!」として特集を組んでいます。もはや、中流でありながら上をめざして背伸びするのでなく、見栄を張らず現実のメリットに目を向けた消費者が、消費の主役になってきたというのです。ちなみにヒット商品で家電のトップはお得な電池「エネループ」(三洋電機)、食品では「PB商品」(イオン、セブン&アイホールディングなど)です。

 たしかにちょっと見逃しそうな商品がヒットしているのです。たとえば、電池「エネループ」ですが、主婦の目に付くスーパーのレジ横において「ついで買い」させ、10回充電すればアルカリ乾電池より安くなるというのが利点です。また、スーパーのプライベートブランド商品は、有名ブランド商品よりほんのわずかだけ安くして自社商品の購入を促します。どちらも、真に生活する消費者でなければ見逃してしまう「ほんのわずか」なメリットに切り込んだところが、今年のヒット商品の大きな特徴といえましょう。

 このように、「下流の上」と位置づけた不況時代のマーケティングは、小さな着眼を疎かにしては成り立ちません。少なくともいままで中流と思っていた人たちも、もはや贅沢な夢を見ないのです。車など大きな商品が一気に売れなくなり、おそらくこれからは、より生活に密着した「実生活のホンネに切り込んだ商品」がヒットしていくと確信します。

 私は企業のコンサルティング以外に3事業のオーナーもしていますが、そのうちのひとつは、今年で12年連続売り上げアップを達成しました。細かいことを疎かにしないで、当たり前のことを当たり前にやる。ただし、経営は生き物ですから止まったら死にます。例えるならばマグロと同じ。マグロは他の魚よりも、より多くの酸素が必要なそうで、エラから大量の酸素を取り入れるために全速力で泳ぎ続けないと生きていけないのです。まさに「経営」もマグロと同じで、時代の酸素を体いっぱいに吸入し続けなければ生きていけません。さあ不況に負けず、来年もよい年に、皆さんと一緒に足を地に着けながら、「体いっぱいに酸素を吸って」がんばっていこうではありませんか。

|

« 選挙の投票用紙をちょっとだけ変えてみる | トップページ | トキの生息できる環境が意味するもの »

ビジネス」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選挙の投票用紙をちょっとだけ変えてみる | トップページ | トキの生息できる環境が意味するもの »