« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月17日 (月)

教養のある人とない人と何がどう違うのか

21_3  麻生総理が、漢字をたびたび誤読して話題になっています。「未曾有」を(みぞゆう)、「踏襲」を(ふしゅう)、「頻繁」を(はんざつ)と間違えて読んだとのこと。やはり、この程度の教養の人間を、我々がトップリーダーとして仰がなければならないのは口惜しい気がするものです。

 総理がマンガ好きというのも頷ける気がしますが、いまやTVも、あちらもこちらも愚にもつかないバラエティ番組のオンパレード。いまやTVは、作るほうも見るほうも程度の低い若者のオモチャになってしまった感があります。多くの人の前では慎むべき「オマエ」や「てめえ」といった言葉が当たり前に飛び交い、アタマをむやみに叩いたり、水をかぶせたり、パンツを脱がせたり、こういう景色を皆でバカ笑いしている視聴者の心根は、もはや学校などでのいじめと変らなく、私には不快な感情しか残りません。また、いまは「おバカタレント」がTVではもてはやされて、あたかもひとつのキャラクターのように扱われています。「無教養なバカ」を笑うのもよくよく考えると一種のいじめで、その笑われている本人が、評判になってお金になれば別にどうでもよいというのも、人間のありようとして悲しい光景です。

 日本の国は6・3・3制で、基本的には誰でも最低12年間は学校で勉強をしているはずです。にもかかわらず、このように「モノを知らない」ことがただ笑いの対象となるだけで、その裏に見え隠れする「うすっぺらな人間性」を本人が恥じることなしというのも何とも言いようがありません。「人格陶冶(じんかくとうや)」という言葉が死語に思えるほど、自ら教養を高め人格を磨くことが無価値になりつつある現在の日本は、やはり病んでいるのかなあと辛いものがあります。

 そんな風潮には暗い気持ちになりますが、一方、最近、こんな本も出ています。月刊「文芸春秋」11月号では、立花隆氏と佐藤優氏とが「21世紀図書館」として必読書200冊の著作紹介をしています。まさに古今東西の人間の英知を集大成したような書籍紹介ですが、むしろ彼ら2人の勉強のすごさを感じずにはいられません。また、ビジネス書では、神田昌典氏と勝間和代氏の「10年後にあなたの本棚に残るビジネス書100」(ダイヤモンド社)もまた、経営に携わるものにとっては大きな指針となります。はからずも、4名の方が紹介された本の中から数10冊を読むだけで、おそらく大きな啓示を受けることまちがいなしと自己体験からも確信するものです。読むことが大切なのではありません。教養とは、人生に役立つ実学であるというのが私の考え方です。

 さて最後に、知的ユーモア遊びの古典的な例をあげて見ましょう。平安の昔、清少納言が著した「枕草子」に有名な話があります。
雪のたくさん降り積もった朝、清少納言のご主人である中宮定子が女官たちに向かって、「香爐峯の雪、いかならむ」(香爐峯の雪はどのようですか)とお尋ねになりました。すると皆ポカンとしている中で、清少納言だけが黙って格子戸のそばに歩み寄り、格子を開け御簾(みす)を高く巻き上げて外の雪景色をご覧にいれたというエピソードです。

 これは、唐の詩人は白楽天の詩に「遺愛寺(いあいじ)の鐘は枕をそばだてて聞き、香爐峯の雪は簾を撥(かか)げてみる」という有名な一節がなぞかけユーモアになっていて、漢籍の素養のある定子に、同じく才気の清少納言が、見事に即興ユーモアで応えたというわけです。彼女が自分の書物の中でひけらかすところが自慢げでやや鼻持ちなりませんが、知的ユーモアの通じる人間関係があちこちにあるのも、私には健全で快適な社会に思えるのですがいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

オバマ氏の勝利宣言に学ぶ

20_3  オバマ氏が、とうとうアメリカの大統領になることが決まりました。        
 候補者選びの予備選でヒラリークリントン氏と激戦を勝ち抜き、最後はマケイン氏と熾烈なシーソーゲームを展開し、皮肉にもアメリカの金融危機を追い風にして圧勝しました。

 このロングランの大統領選挙を見ていると、つくづくアメリカは言論の自由の国で、しかもTVでは、正々堂々と言論のバトルを同じ土俵でするところが何とも気分がスカッとする思いがします。また、スピーチをしても、人々をひきつける説得力に富んでいて、「自分の理念を夢をもって語れる」ことが政治家の資質であることがわかります。

 それに引き換え日本では、政治家が公では役人のしたためた原稿を棒読みしかできないし、自分の言葉で話すと、とたんに無見識の馬脚を現した失言・放言で命を落とす者の何と多いことか。そもそも国会対策委員なるものが存在して、議会の前に与党と野党で裏シナリオをつくるなど、これではいつまでたっても言論による真の議会政治は行われないでしょう。料亭での談合政治がなくならない限り、日本の議会政治はアメリカに及ばない気がします。

 さて、それでは、オバマ氏がどのような勝利宣言をしたのか、ちょっと長くなりますが、いくつかを拾ってみましょう。まず、冒頭からして違うのです。
――― 「シカゴのみなさん、こんばんは。アメリカは、あらゆることが可能な国です。それを未だに疑う人がいるなら、今夜がその人たちへの答えです。建国の父たちの夢がこの時代にまだ生き続けているかを疑い、この国の民主主義の力を未だに疑う人がいるなら、今晩こそがその人たちへの答えです。」

 いかがですか。まず何よりも注目したいのは、聴衆と自分との距離が違います。
―――「老いも若きも、金持ちも貧乏人も、そろって答えました。民主党員も共和党員も、黒人も白人も、ヒスパニックもアジア人もアメリカ先住民も、ゲイもストレートも、障害者も障害のない人たちも。アメリカ人はみんなして、答えを出しました。アメリカは今夜、世界中にメッセージを発したのです。私たちはただ単に個人がバラバラに集まっている国だったこともなければ、単なる赤い州と青い州の集まりだったこともないと。私たちは今までずっと、そしてこれから先もずっと、すべての州が一致団結したアメリカ合衆国(United States of America)だったのです。」

 今回の選挙で注目すべきは、オバマ氏がどうやって選挙資金を集めたかです。
―――「大統領の職を目指した人たちの中で、私は常に決して有力候補ではなかった。最初からたくさんの資金があったわけでもなければ、大勢の後援を受けていたわけでもありません。私たちの選挙戦はワシントンの広間で始まったわけではない。この選挙戦は(アイオワ州)デモインの裏庭で始まった。(ニューハンプシャー州)コンコードの居間で始まった。(サウスカロライナ州)チャールストンの玄関ポーチで始まったのです。この選挙戦は働く人たちがなけなしの貯金をはたいて、5ドルや10ドル、20ドルを提供して、そうやって築き上げていったものです。」

 そして圧巻は、アメリカと黒人の辛い歴史を、一人の黒人女性の人生にダブらせて長く語ったことです。
―――「けれども私が今夜なによりも思い出すのは、アトランタで投票したひとりの女性の物語です。彼女はほかの何百万という人たちと同様に、この選挙に自分の声を反映させようと行列に並びました。ただ1つだけ、ほかの人と違うことがあります。アン・ニクソン・クーパーさんは106歳なのです。」
―――「そして今年、この選挙で、彼女は指でスクリーンに触れ、そして投票したのです。なぜならアメリカで106年生きてきて、幸せな時代も暗い暗い時代もこのアメリカでずっと生きてきて、クーパーさんは知っているからです。このアメリカと言う国が、どれほど変われる国なのか。    Yes we can。
―――「今この時にこそ、私たちは人々がまた仕事につけるようにしなくてはなりません。子供たちのために、チャンスの扉を開かなくてはなりません。繁栄を取り戻し、平和を推進しなくてはなりません。今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。 Yes we can。
ありがとう。神様の祝福を。そして神様がアメリカ合衆国を祝福しますように。」

 全文を掲載できないのが残念です。でも、もうおわかりのように、彼の演説のコンセプトは「Yes we can。」です。もちろん、オバマ氏の政治家としての力量は未知数です。しかしながら政治家や経営者に限らず、リーダーとは、どのような「理念とこころざし」をもって人の上に立つべきかを、彼の演説が私たちにしっかりと教えてくれています。

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

「追加経済対策」を、経営的視点で眺めてみる

19  10月30日に麻生総理大臣が、「追加経済対策」を発表しました。
 その要旨を、総理の言葉からじかに拾ってみると、「定額減税については給付金方式で、全所帯について実施・・・単純に計算すると、4人家族で約6万円になるはず」「雇用につきましては、雇用保険料の引き下げ、働く人の手取金額を増やしたい・・・正規雇用をするように奨励します。」「介護、子育てについても力を入れます。住宅ローン減税は、控除可能額を過去最大に拡大したいと思います。」「これから年末にかけて、中小企業の資金繰りは苦しくなります。合わせて約30兆円の対策となります。」「高速道路料金を大幅に引き下げます。休日は・・・最高1,000円。平日は、昼間も3割引に・・・道路特定財源の一般財源化に際しましては、1兆円を地方に移します。」「日本の財政は、依然として大幅な赤字であり、今後、社会保障費も増加します。国民の皆さんは、この点について大きな不安を抱いておられます。その不安を払拭するために、・・・・・景気回復期間中は、減税を時限的に実施します。経済状況が好転した後に、財政規律や安心な社会保障のため、消費税を含む税制抜本改革を速やかに開始します。そして、2010年代半ばまでに、段階的に実行・・・・大胆な行政改革を行った後、経済状況を見た上で、3年後に消費税の引き上げをお願いしたいと考えております。」

 「朝三暮四」という故事成語があります。猿の飼い主が猿たちに「朝3つ、日暮れに4つエサをあげよう」と言ったら猿が一斉に怒ったので、「それでは朝に4つ、日暮れに3つあげよう」と言ったら皆喜んだという話。皆さんもご存知の「目先の違いにとらわれて全体に気づかない愚か者」の喩え話です。この朝三暮四になぞらえれば今回の対策は、「家族の皆も苦しいだろうから、1回だけ6万円をお小遣いとしてあげよう。そのかわり3年後からは皆もお金がかかる年頃になるので、毎日もっとお金を入れて欲しい」というものです。

 さて、皆さんは、この総理の対策を、家計や経営に置き換えた場合、何点ぐらいをつけられますか。
家計や経営の赤字建て直しで大切なことは、2つしかありません。それは「収入を増やす」ことと、「支出を抑える」ことです。しかし、経営や家計が恒常的に赤字の場合は、収入が少ないというより支出が体力にあっていない場合が多いのです。そういう時は、まずは「出ずるを制す(出費を抑える)」ことが経営の原理原則です。つまり、歳入に対して歳出が妥当かどうかの点検が、まず必須の経営政策となります。

 さて、その支出の実態を見てみると、世界でもトップクラスの防衛費、要らない道路の建設まで組み込んだ道路特定財源、その曖昧使途、不必要な独立行政法人、官僚の大量天下り、地方交付税の裏金続々など、私たちが汗水たらして働いたお金が、私たちの知らないところで一部の狡賢い役人と族議員はじめ影の利権者たちによって横領されている現実があります。これでは私たちがいくら働いて家計に入れても、「極道モノ」が吸い上げて湯水のように浪費しているのですから、健全経営になるはずもありません。医療費の増大とか生活福祉の増大を大義名分にお金をせびるよりも、まずは支出の総点検こそが世帯主や経営者のやるべきことです。

 お金は意義のあることに使わなければなりません。つまり、お金は経営でも国家でも、生産的なことに使わない限り増えないのです。ましてや自分は稼がないで人にせびり借金しまくりでは、有効にお金を使うはずもなく生活は絶対に豊かになりません。そして、日本の家庭が豊かにならない限り、国が豊かになることもないでしょう。まず無駄遣いをなくすこと。そして、明日のために最大有効にお金を使うことです。「朝三暮四」よりもひどい政策で喜ぶほど、国民はバカではないことを官僚も政治家も知るべきです。
さて、我々経営に携わる者にとって、この国のお金の使い方はまさに「他山の石」、時には反面教師として多くを学ぶなければいけないと考えますがいかがでしょうか。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »