« 将棋と囲碁と経営と | トップページ | 「追加経済対策」を、経営的視点で眺めてみる »

2008年10月27日 (月)

シルク・ド・ソレイユと東京ディズニーリゾート

18  東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、オフィシャルホテルを包括する東京ディズニーリゾートに、この10月1日に新しく「シルク・ド・ソレイユ・シアター東京」がオープンしました。総工費40億円をかけて東京ディズニーリゾートの運営母体である㈱オリエンタルランドが、10年間のロングラン公演をめざして誘致した世界最大のサーカス集団「シルク・ド・ソレイユ」の専用劇場です。

 「シルク・ド・ソレイユ」とはフランス語で「太陽のサーカス」という意味、カナダのモントリオールに本部を置き、世界のアスリートから優秀な選手を集め、所有するサーカス専門スクールで3年間みっちり仕込む育成システムを持っています。もうすでに世界210都市で公演し、観客動員数が実に7000万人以上。といってもご存じない方は、「サルティンバンコ」や「アレグリア」そして来年日本公演になる「コルテオ」などの演目名はTV宣伝などで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 いまやカジノで有名なラスベガスでは、専用の劇場を持つ「シルク・ド・ソレイユ」は、ショービジネスの集客装置といわれるほど世界から多くの人を集めています。では、なぜそれほどまでにすごいのか―――それは従来のサーカスとは大きく異なり、観客の主流が家族でなく演劇やオペラを鑑賞しに行く層、といったらイメージが浮かぶでしょうか。

 舞台での特色は、まずノンバーバル(せりふなし)で、ショーのスターもいません。ですから世界のどこでも公演できて、しかも代役に困ることがありません。またパフォーマンスのスケールがとてつもなく大きく、劇場は常設と設営ともにありますが、TV映像で見ても劇場内部の豪華さとスケールには圧倒されます。そして何よりも優れた経営の特色は、全て前売りのチケット制でキャッシュフローが超健全、しかも普通の会社のように取締役会がありません。最高意思決定は創業者と社長に委ねられ、外部取締役4名の参加会議がグローバルな意見を聞く機会としてあるのみです。その背景には、「我々は誰からもショーに対するコントロールを受けない」という意志があり、「シルク・ド・ソレイユ」芸術の基本コンセプトに対する最高経営者のゆるぎない自負を感じます。

 どのように組織が大きくなっても、「大切なもの」を守るために絶対に譲らない確固たるポリシーがキラキラと輝いている「シルク・ド・ソレイユ」。そのために意思決定は2名のトップで、そして新しいショーは別の2名のクリエイターが2,3年かけて創り続けているそうです。

 さて、このパフォーマンス集団を誘致した㈱オリエンタルランドですが、この企業の戦略もまた注目に値します。かってウォルト・ディズニーは「ディズニーランドは永遠に完成しない」と言った話は有名ですが、従来のディズニーリゾートの顧客である子供・家族・恋人から、さらに観劇・ショービジネスの大人の顧客層を取り込もうとする、㈱オリエンタルランドのいわば発展の歩を緩めないチャレンジ精神に深く惹かれます。おそらく評判になるのはこれから、ぜひ、ごいっしょに注目していこうではありませんか。

※前回登場の二上達也氏(元・日本将棋連盟会長)を八段と記しましたが、最終段位が九段でしたので、お詫びして訂正いたします。

|

« 将棋と囲碁と経営と | トップページ | 「追加経済対策」を、経営的視点で眺めてみる »

ビジネス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 将棋と囲碁と経営と | トップページ | 「追加経済対策」を、経営的視点で眺めてみる »