« 古代ギリシャ・ローマ人の目で見ると | トップページ | だまされない眼、だまされない選挙 »

2008年9月29日 (月)

男の履歴書、女の履歴書

14_2  アメリカ大統領リンカーンの有名な逸話です。
 ある人が官邸の大統領に面会を求めてやって来ました。係りの者が大統領の執務室に、その旨を伝えにくると、すでに、その人物の姿を窓越しに眺めていた大統領は言いました。「私はあの男には会わない。相が悪いから」と。係りの者が不審そうに首を傾げると、大統領は言いました。「人間40歳を超えたら、自分の顔に責任を持たなければならない」

 40歳を超えた人間は顔に責任を持つ―――なかなか厳しい言葉です。しかしながら、昨今の食品の偽装事件を見ていると、うなづける節もあります。食肉加工の偽装で記者会見の席上で、息子にも「正直に」と促された「ミートホープ」の社長、飛騨牛の偽装でバレてからも食肉パックをかざして、潔白を装った食肉販売業者の「丸明」の社長、そして今回、被害者である酒造業主の自殺者まで出し、それでも財務部長から「ピンと来ていない感じ」といわれた「三笠フーズ」の社長などなど、みな共通した顔をしています。失礼ながら、いわゆる相が悪いのです。

 相が悪いといえば、「暴れん坊将軍」や「水戸黄門」に必ず出てくる、「そちも悪よのう」という悪代官や、「たっぷりお礼を」という三河屋の主人、みな「それらしい顔つき」をしています。そういえば事務所費の問題や汚染米の対応で、再三にわたり記者会見に出てきた農林水産大臣も、やはり相がよくありません。怒られるかもしれませんが、いい相か悪い相かの判定は簡単です。あの悪代官のキンキラキンの着物とマゲがぴったり似合う人は、やはりどうもまずい人です。

 「一億総白痴化」とテレビ時代に警鐘を鳴らした昭和のジャーナリスト大宅壮一氏もまた、「男の顔は履歴書」と名言を残しています。これはリンカーンの逸話に通じるもので、
 やっぱり、男は自分のすべてが顔に出るものなのでしょう。

 さて、それでは女性というと、これがまた過度に顔を意識しすぎているのではないでしょうか。こんなことをいうと、「男って何もわかっちゃいないんだから!いい気なもんよ」と怒られるかも知れませんが、デパートの1Fはどこもここも必ず化粧品売り場です。そして、あちらでもこちらでも顔のケアデモンストレーションをしています。テレビコマーシャルも「顔の商品」は本当に多いですね。そのくらい女性にとって、顔は重要なのかもしれません。

 でも、なのです。お気づきの方も多いと思うのですが、いま、電車の中で化粧をする若い女性が必ず1車両に一人はいます。女性の化粧はこういう手順と、こういう道具を使ってするのだという「おもしろさ」はありますが、まさに傍らに人の無きが如し「傍若無人」の振る舞いには、同じ女性でも顔をしかめる大人は多いようです。それでいてそのような子の中には、足が蚊にさされて無惨に赤い斑点で痛々しかったり、ひざ小僧が泥んこ遊びをしたようにゴツゴツ汚かったり、腹筋背筋がないせいか背中を丸めてだらしなく座り顎を出しているといった有様で、つまり顔以外にはまったく関心が無いように見えます。

 ところで、彼女たちは、いったい誰のためにあれほど夢中になって化粧をしているのでしょうか。彼のために?自分のために?そこがよくわかりません。自分がどう見えたら嬉しいのか、どうであれば美しいのか。「躾(しつけ)」とは、「身を美しく」と書きますが、漢字を創った人は、普遍的な真理を突いてすごいなあ!と改めて感心されます。
 さて、娘たちの嫌うオヤジの愚痴っぽくなってきましたね。でも私は思っているのです、「表情と立ち居振る舞い」こそが、いずれ「女性の履歴書」になると。

|

« 古代ギリシャ・ローマ人の目で見ると | トップページ | だまされない眼、だまされない選挙 »

ビジネス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古代ギリシャ・ローマ人の目で見ると | トップページ | だまされない眼、だまされない選挙 »