« 国家の目論見と、人間のすばらしさと | トップページ | オリンピックの精神「平和」を考える »

2008年8月25日 (月)

ターシャ・テューダーの世界

10_8 新高輪プリンスホテルで開かれている、ターシャ・テューダーの展覧会を見てきました。
 彼女は、今年6月に92歳でなくなりましたが、「アメリカ人の心を表現する」といわれた絵本作家です。と同時に、バーモント州にある30万坪の広大な土地で開拓時代の暮らしをした、まさに「若草物語」の世界を生きたような女性でもあります。

 子供の頃から社交的ではなく、13歳の誕生日には念願の牛をプレゼントしてもらうほど農業に関心が高かったそうです。そんなわけで、15歳で学校を辞めて農業の道に進み、23歳で結婚し、絵本作家として4人の子供を育てました。生涯で80冊以上の本を出版し、権威ある絵本の賞も多く受けています。46歳で離婚し57歳の時から、広大な土地に家具職人の息子がたった一人で建てた18世紀工法による一軒家と庭で、ほとんど自給自足に近い生活をするようになります。すでに日本では展覧会やNHK総合TVなどで、ターシャさんの紹介はされていてファンも多いと聞きます。

 展覧会では、彼女の人と動物への慈愛が、豊かな想像力で見事な童話の世界として描かれています。画面にくっつかんばかりに顔を近づけて、細やかに描かれているコミカルなコーギー犬やねずみたちを見ていると、いつの間にか童話の世界に引きこまれてしまいます。また、彼女がつくったクラシックでステキな服の数々、マリオネットの人形たち、自ら紡いで染めた毛糸。どれもこれもすばらしいものばかりです。さらに心に残ったのは、彼女が日々の生活で使ってきたヤカンであり鍋でありプディング容器であり、たくさんのリンゴを絞る手回しの道具であり、「最も美味しいチョコレートケーキ」を作るレシピであり、びっしりとメモ書きされた窓際の壁板であり、ヤギの乳のチーズづくりの陶器であり、もうターシャと一緒に生活しているような錯覚に陥ってしまいました。

 何よりも不思議だったのは、それらステキなドレスも、人形も、ヤカンも、水汲み道具もみんな「私は幸せだったよ」「私は幸せだったわ」と楽しげに語りかけているように思えたことです。今回の展覧会について、ターシャさんがお礼の言葉を述べています。ということは、生前、この展覧会の企画が進んでいたということでしょう。道具が語りかけてくる、それは、まだターシャさんのぬくもりが、あたり一面に漂っていたからかもしれません。

 私が初めてターシャさんを知ったのは、つい最近、ある人に連れられて書店で写真集を見せてもらった時。その写真集の美しさに言葉を失いました。被写体であるターシャさんの開拓時代のクラシックなスタイル、はだしで花桶を運ぶ姿、やわらかい灯に照らされ座ってお茶を飲む至福の姿、何もかもが夢の世界で、その写真のすばらしいこと!最近、これほど見事な写真を見たことがありません。それは被写体のすばらしさと同時に、その被写体を宝物のように大事に大事に撮っている写真家の技量と魂のすばらしさでもあります。しかも、そのすばらしさは、写真のみでなく装丁のすばらしさでもあるのです。タイトル、コピー、すべてに本への愛情とこだわりに満ちていて、本を手に取りページをめくり、また表紙を眺めて・・・しばし感動に浸ってしまいました。トーバ・マーティン著 /リチャード・W・ブラウン写真 /食野雅子訳 /出原速夫装丁 /出版メディアファクトリー/ 本とは、こういうふうにつくるもの、というお手本を見せてもらった気がしました。

 さて、ターシャさんは、なぜ、あのような生活を求めたのでしょう。そして、なぜ、あれほど幸せそうな表情や姿をしていたのでしょうか。私は、できることならターシャさんから直接、もっともっとたくさんのお話を聞かせていただきたいなあと思うものです。そんな、すばらしい展覧会です。ぜひ、行ってみてください。

|

« 国家の目論見と、人間のすばらしさと | トップページ | オリンピックの精神「平和」を考える »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国家の目論見と、人間のすばらしさと | トップページ | オリンピックの精神「平和」を考える »