« 議して決せず、会して議せず | トップページ | エリザベスクィーンと語り合いたい »

2008年7月28日 (月)

人間の喜びの原点、つくる・そだてる

07_2  私の2階の仕事場から窓の外を見ると、低地の林だったところが、いまは広い畑になっていて、見るたびにさまざまな作物が作られています。実は、この畑を耕し野菜を作っているのはお百姓さんではなくて男性3人の高齢者の方々です。

 いまは、さすがに昼間は猛暑で姿を見かけませんが、いつもはお昼時になると、やや粗末な手作り小屋の前で、台をしつらえ車座になって、お昼を食べています。といっても、遠めに見ているので、それがどのような内容の食事なのかは判然としません。でも、台のすぐそばに煙が見えるので、お湯を沸かしているのか、それとも何かを焼いているのでしょうか。ただ、時々聞こえる3人の笑い声が、なんとも楽しそうで、見ている私までが思わず笑顔になってしまいます。

 いつも都会のど真ん中で、(自分自身も同じなのですが)背広やワイシャツ、パンツスーツ姿の人ばかりを見慣れていると、なんとも新鮮でうらやましくさえ映ります。そして、あの楽しさは、どこから来るのだろうと、時々思うのです。
 そこで沈思黙考、思うに、あの楽しさは、私たちの祖先がずーっと味わってきた楽しさなのではないか――― つまり、長い長い人類の歴史の中で、縄文の時代から延々と続いてきた「ともに汗を流す生産の喜び」ではないかと思うのです。

 人類は狩をする時も、米を作るときも、ずーっと仲間と一緒に汗を流し、ともに生産の喜びを味わってきました。ですから、まさに「地産地消」ならぬ「自産自消」だったわけです。それが、人間の多くが、他人の作った生産物をただ消費するだけの、分業社会になってしまいました。

 いまや日本の食料自給率38パーセント、この低さに驚かれる方は少なくないはずです。
 しかもせっかく自然の恵みいっぱいの海を、有明海のように、農地を作る大義名分のもとに鉄のシャッターを下ろして海を殺してしまう。かと思うと、米ができすぎて米価が下落するからと、「減反」で田んぼを潰せと指示を出す。縄文の人々が聞いたら、「現代人は絶対に間違っている!」と、全員が全員、異を唱えるに違いありません。

 穀物がバイオ燃料として買い占められ、食卓のものがドンドンと高くなっていきます。世界の富裕なお金で石油が買い占められて、猟師さんが海に出られません。私たちの生活が金融に支配され、生活を壊されていきます。都会では人が人材でなく、派遣社会で「使い捨て」になっています。いまの世の中は明らかにおかしい、これが多くの人々の実感ではないでしょうか。

 いま私たちは、何が当たり前で、何が当たり前でないのか、そして人間の幸せとは何か、がわからなくなっているようにも思えます。世界が自浄能力を失いつつあります。
 こんな時代だからこそ、祖先から続いてきた人間の原点的な喜び、そう――「ともに汗をかいて、つくる・そだてる」ことを、世の中のすべての人に呼びかけたいと思うのです。いいかえれば、人やモノ、地球上のすべての資源を「ひたすら使う、消費する」のではなく、「汗を流してつくる・そだてる」に転換することが、人類を、地球を幸せのベクトルに向かわせることができると確信するのですが。

|

« 議して決せず、会して議せず | トップページ | エリザベスクィーンと語り合いたい »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 議して決せず、会して議せず | トップページ | エリザベスクィーンと語り合いたい »