トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

信頼を失った企業に、再生の道はあるのか

04_3  ケビンコスナー主演の映画「アンタッチャブル」の中に、1930年代のアメリカの暗黒街を牛耳ったマフィアのボス、アル・カポネが、自らは観劇でオペラに涙している最中に、部下のヒットマンたちに次々と機関銃でバリバリとライバルたちを暗殺させるシーンが出てきます。芸術に涙する人間の崇高な魂が実は欺瞞であり、血で血を洗う人間の醜さこそがマフィアの真実であることを描いたところが、この映画の見所のひとつにもなっています。

 では、カポネはなぜ殺戮の最中に観劇をしていたかといえば、当然のことながら、それは公衆の面前に姿をさらして自らの潔白を証明する、いわゆる「アリバイづくり」であることはいうまでもありません。つまり罪を犯すには、用意周到な工作の上でするのが犯罪のプロの仕事です。

 ところが、これでもかこれでもかというほど続いている食品偽装の会社は、同じ犯罪行為でも「いざ」?という時の備えがまるでできていません。(備えができているのも変な話しではありますが・・・・)「ミートホープ」「船場吉兆」「丸明」「魚秀」と続いている消費者だましの醜い偽装には、架空会社をでっち上げた最も悪質な「魚秀」を除いて全て共通するところがあります。それは、「同属会社」「トップのワンマン」、そして「内部告発」から露見して、その挙句トップが記者会見で「従業員がやったことなので、自分は知らない」という呆れた答弁をシャアシャアとしたことです。

 犯罪は、必ずメリットを得る人間が首謀者という真実があります。食品の偽装をしてメリットを得るのが従業員なのか、経営者なのか、その目的から考えれば簡単にわかることです。しかも突然、従業員のせいにされて、「はい、わたしがやりました」という従業員は、よほど企業のロイヤリティが高く命を捨てる覚悟がなければ到底できることではありません。葉隠れの武士道精神を表す「士は己を知るもののために死す」という有名な言葉がありますが、尊敬に値しない上司に濡れ衣を着せられて自ら死を選ぶ人はいません。

 そもそも、いずれはバレてしまうはずのことなのに、なぜ、「私は知らない」というのか、です。おそらく、長い年月にわたり偽装を習慣化させる中で、「世の中は充分ごまかせる、ちょろいもの」という自らの詐欺行為を確信し学習し人格化してきたのだと思います。ですから、絶対に「ごまかせる」と本能的に反応して答弁にも現れてしまうのでしょう。

 では、正解はどうしたらよいのか。罪を犯したときの対処法を論じても意味がありませんが、まずは、当たり前のことですが非を認めることが何よりも肝心です。そして潔く身を引き、まったく新しい経営者が新しい経営で再出発することです。
 企業を人体にたとえれば、足を怪我すれば足の治療を、内臓を壊せば内臓の治療をします。企業も生き物ですから、全ての機能が健全の状態であることは難しいものです。ですからある担当者が問題を起せば業務指導という「内科的な治療」をしたり、指導レベルでことが解決しないと判断したら「人事異動や組織改革という手術」をしたりして、人体である企業組織全体を健康体に戻そうとするわけです。

 ですから、トップに問題があるときは、まさに「脳」に問題があるわけですから、トップを変えない限り、この人体の蘇生の道はありません。現代医学では人体の「脳」の入れ替えはできませんが、企業においてはトップの交代という形で可能です。ですから論理的には、企業は永続的な命を持っているのです。不祥事を起こしたにもかかわらず、その脳を速やかに入れ替えて成功したのが「白い恋人」の石屋製菓株式会社です。トップの入れ替えを速やかにやり、新しいスタートへの期待を得て、その結果、見事信頼を勝ち得る結果を出しました。
 この「脳の入れ替え」は、何も不祥事に限らず、経営不振の企業も同じこと。不振の企業は、要は「現在のトップの脳」が通用しなくなっているということです。ワンマン経営者は、この事実にしっかりと目を向け自らの進退出処を考えることが、企業のために最も優れた選択の道です。それが、ひいては社会のため従業員のために、最後の勇気ある決断であることを自らに言い聞かせる必要があります。

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

トップリーダーに、スウィッチが入るとき

 月刊「文芸春秋」に、元外務官僚・佐藤優氏が、「インテリジェンス交渉術」という連載で記事を載せています。彼は、現在、背任・偽計業務妨害容疑で係争中ですが、エリツインに北方4島の返還を決意させたロシア通の外交官として大きな裏方の役割を果たしました。
 この連載を読むと、彼がいかに切れ者かがわかると同時に、日本という国が「ロシアを最も知っている男」として外交官の彼を失ったことが、北方4島返還の可能性をほとんど遠いものにしてしまったことを感じずにはいられません。また、国際政治の権謀術数、魑魅魍魎の跋扈振りが手に取るようにわかり、単なるきれいごとの世界ではとても通用しない、国家と国家の威信をかけたドロドロした駆け引きの中で世界が動いていることがよくわかります。

 さて、その連載のなかで、彼は日本の小渕総理とロシア大統領・エリツイン、後継者のプーチンと小渕氏のあとを継いだ森総理との交渉時において、いかに総理が日本を背負い不退転の決意で臨んでいたか、そのトップの孤独と苦悩を見事に描いています。その記述の中で、佐藤氏など周辺から情報収集をした末に、日本の総理がいよいよ本気でロシアとの交渉の腹を決めた瞬間を、「総理にスウィッチが入った瞬間」と表現していることにゾクッとした感銘を覚えました。

 一国を背負い歴史を動かす決断は、まさに己の政治生命の全てを賭けた瞬間でしょう。人は誰でも人生の中で、そう多くないチャンスと同時に試練に立たされ、考え、決断し、行動しなければならないものです。この「スウィッチが入る」という表現は、誰もが自分の人生の岐路に立った時に、決断をして命を賭ける重要なキーワードであると考えます。

 経営もビジネスもまさに同じで、人生勝負どころで「スウィッチが入る」ことが、何はさておき成功の条件となるでしょう。総理の話に戻せば、いま福田総理の支持率が低い原因はたった一つ、それは「国民のために本気でやりたいことがない」ことです。極端なことを嫌い穏便にと、さまざまな意見の中庸をとろうとしているので発言がつねに「他人ごと」です。
 これは私たちにとって他山の石で、経営者は、まず、お客様のために、従業員のために「命をかけてやりたいこと」がなければなりません。これが経営者の最低条件です。やりたいことがなければ、トップリーダーの立場に立ってはなりません。そして、何をすべきか、何時すべきか、ここが勝負時を逃さず、「スウィッチが入る」自分を強く意識する必要があります。

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

中から見るのと、外から見るのとは

0616_2  今日は、住んでいる者の目から見た「観光地・鎌倉」のお話しを。
 私の住む鎌倉は、この梅雨時になると必ず混むお寺があります。ご存知の方も多いと思いますが、「アジサイ寺」で有名な北鎌倉の明月院です。鎌倉の社寺は、それぞれが名だたる寺宝を持ち観光客も多いのですが、聞くところによれば、この明月院には目立った寺宝がなかったため、それを嘆いた住職が寺を訪れる人々のためにアジサイを寺いっぱいに植えたとのこと、真偽のほどはわかりません。
 また、最近ではTVのニュースなどでも取り上げられる極楽寺に近い成就院も、アジサイでは有名です。しかしながら、このアジサイという花、縄の張られた石の階段を、傘がさせないほどの人々が行列して眺める花ではどうもないように思うのです。

 実は、鎌倉にはアジサイが至るところにあります。ちょっとした坂や小径で、小雨に煙るようなしっとりした空気の中で、アジサイの青や紫、ピンクや白の色が、葉の深い緑と一緒に何とも幻想的に輝いているのにハッとすることがあります。紫という色は、明るいところで見るよりも、ややほの暗いところで見たほうが、はるかに色の鮮やかさを増すということを、私はアジサイで知りました。ですから、本当のアジサイのすばらしさは、カラフルな傘などない、人気もない、ややほのぐらいひっそりとした鎌倉の小径で、ぜひ、皆さんには見ていただきたいなあと思うのです。

 どこの名所もそうでしょうがヨソから来られる方は、どうしても観光ブックに載っている場所だけに行きがちです。が、地元の人は観光名所にはあまり行きません。大仏は、初めて鎌倉に来られたお客様が希望するので連れて行く場所。八幡様は初詣の時だけ。長谷観音に行くよりも、その隣の光則寺。桜にやや遅れて咲く海棠(かいどう)の花は天然記念物でもあり見事です。瑞泉寺の梅に負けず劣らずステキなのが東慶寺の梅、などなど。
 鎌倉ブームということもあり、この10数年で「にわか鎌倉老舗」が一気に増えました。鎌倉駅前の小町通でも、一見、昔からありそうな老舗風の「へえ、こんな大きな店が!」という店が、実は昨日今日のにわか老舗だったりします。ですから、当然のこととして食べ物にしても、観光相手のお店と地元の人の行くお店は必ずしも同じではありません。

 ただ、修学旅行の生徒でも買う鎌倉名物で、近頃はトンとご無沙汰だった豊島家の「鳩サブレー」。こんなものをと内心バカにしていたら、センスもスタイルもバツグンのアーバンライフのA嬢から「鳩サブレーは牛乳と一緒に口に含むと絶品!」と反論され、ホントカイナと疑りつつ試してみたら、何と、これが絶品!改めて、「灯台元暗し」だったのに気づかされました。まあ、お芝居も舞台の正面からお客様として見るのと、楽屋裏から見るのとでは、同じ物事でも見え方が違ってくるものです。
 実は、私はもともと銀座に10分、新宿に10分の東京麹町の生まれで、今も仕事の中心は東京です。ですから30年暮らしても、住人とはいえど地元とはいえません。そんな住人から見た、ヨソの人が知らない鎌倉と、ヨソの人のほうが知っていた鎌倉についてのお話しでした。

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

「新にっぽん人」を、企業戦力に育てるには

01  先日、久米宏さんが司会するTV特別番組で、「いまの20代の若者」をとりあげました。ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ここに内容の一部をご紹介しましょう。
 この番組では、20代の若者を「新にっぽん人」と命名して、他の大人との違いを鮮明に浮き立たせました。たとえば、サラリーマンが集まると「まず、ビールで乾杯!」が常識ですが、「新にっぽん人」は、巨峰だ、カルピスだ、マンゴーだ、といったサワーをてんでバラバラに頼んで、(作る店員さんも大変)ようやく揃ったところで乾杯。おかわりは何とミルクに生クリームを入れたパフェまがいの一品。「なぜ、ビールを飲まないの?」という質問には、「苦いから」・・・・・。もう、「お子チャマ」なのか、大人なのか・・・・
 東京高田馬場の駅前では、早稲田の学生たちの合言葉は「とりあえず、マックで」。コーヒーとチーズバーガーの200円ほどで何時間も過ごすのが日常。いまやお酒を飲まない若者が増え、居酒屋業界の売り上げも昨年比1260億円の大幅な減少。
 いま、海外旅行も行かず働いてコツコツ貯金をする若者が増えているそうです。一方、資産210億円の株式トレーダー青年を、高層マンションに久米さんが訪問。玄関先に出迎えた若者は挨拶もなく背中を向けて吹き抜けの階上に向かい、ただひたすら何台ものパソコンに向き合う。瞬時に1億円単位のお金が行ったり来たり。指の押しまちがえで、億のお金が消えることも日常茶飯事。寸暇を惜しんで画面に向かう生活、そしてお昼はカップヌードル、夜は立ち食いそば。久米さん「お金使わないと楽しくないでしょ」に、若者「別に使いたいことがないです」

 さあ、世の経営者は、このような若者に、どのように向き合えばよいのでしょうか。そんな若者たちを雇用して戦力化しなければならないわけです。いつの時代も「いまの若者は」といわれるのは、世代が違うので当たり前のこと。しかしながら、さすがに「三丁目の夕日」に感動する世代にとっては、この「IT世代の新にっぽん人」を戦力化するのは、そう簡単ではなさそうに見えます。
 でも、時代は必ず次世代に受け継がれるわけですから、彼らの価値観と共有できる部分はまちがいなくあるはずです。マネジメントのポイントは、つねに「共感とメリット」、これが「人を動かす」基本です。「新にっぽん人」にとって共感とは何か、メリットとは何か、
 そこで、偏見も持たず批判もなしで、まず彼らのライフスタイルと価値観をもっともっと知ることから始めませんか。それが、事業を成功させるマーケティングの原理原則であり、同じく彼らの才能を引き出し企業の戦力として育成するポイントとなるはずです。「新にっぽん人」が、きっと次世代を担ってくれる頼もしい人物に育ってくれると、大いに期待しようではありませんか。

| | コメント (0)

トップページ | 2008年7月 »